今井歴矢/今井蒼泉

月読彦の呼びかけにより2010年に結成された劇舞踊集団「奇天烈月光団」にプレ活動時代から参加。
『今井蒼泉』としていけばな龍生派の家元教授資格を持ち、インスタレーションや、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションライブなど幅広い活動を展開。
2008年より、東京都の認定大道芸人資格ヘブンアーティスト登録。
今井蒼泉 公式

上野憲治

月読彦、今井歴矢、申彦と4名で奇天烈月光団を構成。
長谷川六の隅田川シリーズに相手方として指名されるなど、端正な佇まいが魅力のパフォーマー。

entée

オーボエ奏者として、地元狛江に根ざしたアンサンブル・グループ、ハルモニア・フォンテの代表を務め、室内楽演奏に携わる。〈三つの火の玉のための三重奏曲〉など、自作曲を含む3度のリサイタルを留学先のニューヨークで開催。
即興ピアニストとして、完全即興のライブ演奏を行ない、ジャズ演奏家とも交流、CD制作にも参加。

川津望

詩と音楽。プロジェクトなづき共同主宰。
第1詩集に『ミュート・ディスタンス』(七月堂)がある。

貝ヶ石奈美

2009年ルードラベジャール卒業後<ベジャールバレエ団>に研修生として入団。ヨーロッパ各地で踊る。
2013年渡米、New Yorkでコンテンポラリーダンサーとして様々なアーティストと共演する傍ら、自らの作品を手がけ発表する。
2018年、5人のダンサーと共にコンテンポラリーダンスグループ<Noroc>を立ち上げ、東京を拠点にダンサー、振付家として活動。横浜ダンスコレクション2019ファイナリスト。

方波見智子

桐朋学園大学、スヴェーリンク音楽院卒。
在蘭中からオーケストラやアンサンブルで活動。
現在はマリンバ演奏、即興演奏、後進の指導で活躍。自宅で「スタジオ・バミ」を主宰。
ガジュマル・アンサンブルとして、CD「リンバ・マリンバ・アット・ムサビ」リリース。

ゴーレム佐藤

「劇団どくんご」創設のひとり。しばらくして離れるが、その後水族館劇場にて役者復帰。
退団後は蜂蜜劇場、天麩羅劇場に参加。2016年中咽頭癌により、死に近いどこかを放浪。
緊急手術を経て、顎と喉の一部をなくして此岸に帰還。2017年冬より.kitenにて毎週金曜日に一人インプロビゼーション芝居を開始。その後様々なスポットに出没し、怪優としての評価を高めつつある。

武智圭佑

2000年よりダンス作品を創作し始め、ノイズ演奏とダンスを融合させたパフォーマンス活動を開始。
他振付家作品への出演、ダンサー・舞踏家への楽曲提供なども行う。 ノイズとダンス・舞踏をベースにした、音と身体のパフォーマンスユニット・maguna-techを共同主宰。

武智博美

ジャズダンス、コンテンポラリーダンスから舞踏へ。
舞踏「小林嵯峨+NOSURI」メンバーとしての活動を経て、ソロでの舞踏作品創作など、現在に至る。
ノイズとダンス・舞踏をベースにした、音と身体のパフォーマンスユニット・maguna-techを共同主宰。

田口和

演劇ユニットのtYhoon一家に所属。最近の出演作品ではtYhoon一家withひとみしりーず「耳障りなシンフォニー」、唐沢俊一ユニット「オールド・フランケンシュタイン」等。
多種多様な演技スタイルを模索中。将来、素敵なおじいちゃん役者になりたい。

月読彦

『プロジェクトなづき』のまとめ役。十代で曲馬館を目撃し、老人決死隊の大谷蛮天門を憧憬。
舞台活動としては水族館劇場を経て、現在は踊り手としての活動を中心に物語性を批判的に志向した作品をつくる。「奇天烈月光団」「浮世モード」等複数の集団のまとめ役。また.kiten 主。

伸枝

プロジェクトなづき 制作スタッフ。フライヤー、webサイトの制作を担当する。
デザイナーとして活動する傍ら役者の勉強中。

秦真紀子

20才の頃モダンダンスの牧野京子に出会い踊りの道へ。
1998年初めてのソロ作品「蛍火」が舞踊作家協会新人奨励賞を受賞、その後ソロを中心に活動、2018年より自主企画ソロ公演「蕾の肌理」シリーズ開始。多くの作品やコラボに刺激を受けながら自分の踊りを模索中。

町田藻映子

絵描き/ダンサー。京都市立芸大大学院絵画専攻修了。「生命とは何か」を主題に絵画制作を行う。
また身体を通した主題へのアプローチを重視し、コンテンポラリーダンスと舞踏を学ぶ。
展覧会や、他ジャンルのミュージシャン・アーティストとのコラボレーションでダンスパフォーマンスを行う等、絵画制作と両立した活動を続ける。

山崎慎一郎(やましん)

兼業音楽家。武満徹の「フォリオス」を完成させたいところだが見果てぬ夢だろう。バッハの音楽に関わってゆきたいところだがこいつも見果てぬ夢だろう。
出来ないことの多さに頭を抱える日々を続行中。罪/つくよみ、秦真紀子と「浮世モード」を鋭意続行中!

山田零

(属性・演劇全般)劇団「錦鯉タッタ」所属。スペース「新小岩ザザ」運営委員。
TAGTAS(タグタス、トランス・アバンギャルド・シアター・アソシエーション)会員。
錦鯉タッタの次回アクションは、本年2月にザザで上演した「BEDs『女中たち』が内在する、夜」(原作・ジャン・ジュネ)を夏以降、断続的に継続的に。

米倉香織

東京芸術大学作曲科卒業。同大学院修士課程修了。作曲家。